【ドイツ旅行!】絶対に失敗しない!おススメのクリスマスマーケット15選!

この記事は約 10 分で読めます。

こんにちは、ドンキーです!

今日はドイツのクリスマーケットについて、現地の友人や各種ドイツのクリスマスマーケットに関するサイト・記事を基におススメのクリスマスマーケットを15個ピックアップしました。

それではガンガン紹介していきます!

※ドイツ国内のクリスマスマーケットのみに焦点を当てています。
※ランキングではありません!

正確な開催日時やチケット代などに関しましては各クリスマスマーケットHPを確認するようお願いします!

①Ravenna Gorge Christmas Market

2019年の開催期間➡11月29日~12月22日

Ravenna Gorge Christmas Marketは、高さ約40メートルの陸橋のふもとにあり、雪の降る黒い森と合わさり、絵のような幻想的な景色になります。

ハンドメイドのクリスマス商品から、ショイフェレ(Schäufele:豚の肩肉の燻製・塩漬け)ケーゼシュペッツレ(Käsespätzle:卵とチーズを使った、細かく刻んだパスタ)などの南部の伝統料理が販売されています。

Hinterzarten駅Himmelreich駅から、Ravenna Gorge Christmas Market行きの無料シャトルバスが出ています。

※ライトショウは11/29~12/1までです!

②Aachen

2019年の開催期間➡11月22日~12月23日

世界遺産である「アーヘン大聖堂」を中心に、煌びやかな露店とイルミネーション、音楽に包まれながら開催されるアーヘンのクリスマスマーケット。

歴史のあるアーヘンのクリスマスマーケットは、ドイツ国内外問わず常に一定数の人気を得ています。

アーヘン発祥であるAachen Printen(アーヘンプリンテ)は現在のレープクーヘンの源流の一部にあたります。

③Stuttgart

2019年の開催期間➡11月27日~12月23日

ドイツ三大クリスマスマーケットの1つ。

アドベント期間中はシュトゥットガルトの地域一帯は、クリスマスの特別な雰囲気に包まれています。287店もの露店は「ドイツ国内で最も美しい露店」と言われており、古城を背景に、煌びやかな電飾と共に美しく建ち並びます。

アドベントの期間中、シュトゥットガルトの市役所はカレンダーの役割を果たし、毎日「扉」が一枚ずつ開かれます

シュトゥットガルトでは、ドイツ南部の名物料理Maultauschen(肉・野菜を詰めた餃子)がおススメです♪

④Leipzig

2019年の開催期間➡11月26日~12月23日

ライプツィヒのクリスマスマーケットは、ドイツ屈指の大きさを誇るクリスマスマーケットで、第1回目が1458年に開催された、ドレスデンに次いでドイツで2番目に古いクリスマスマーケットです。

ヨハン・セバスチャン・バッハが生涯の半分を過ごした町としても知られており、250以上の綺麗な露店や高さ20メートルを越えるクリスマスツリーがあり、数多くのパフォーマンスが披露されます。Augustusplatzには高さ38メートルの観覧車があります。

⑤Baden-Baden

2019年の開催期間➡11月28日~1月6日

Baden-Badenの世界的に有名な緑の街道(Lichtentaler Allee)のスタート地点には、お祭りの露店でひしめき合う小道が数多くあり、幾千ものクリスマスライトにより一層ロマンチックな雰囲気がかもち出されています。

キリスト生誕のハンドメイドの商品などを含めたクリスマスグッズを販売する露店が約100店舗立ち並び、様々なパフォーマンスなども催されています。

子供向けの美味しいクリスマスフードや子供のためのパン屋、メリーゴーランドやキッズステージイベントなども開催されているので子供も楽しむことができます。

⑥Erfurt

2019年の開催期間➡11月27日~12月22日

エアフルトのクリスマスマーケットは聖マリア大聖堂セヴェリ教会を背景に大聖堂前広場・フィッシュマーケット・ヴィリーブランドプラッツスクエアに200以上の露店が開かれていおり、その景色から「ドイツで最も美しいクリスマスマーケットの1つ」と言われています。

⑦Berlin

2019年の開催期間➡11月25日~12月31日

ベルリンには大小100を越えるクリスマスマーケットが年末まで開かれています。

木造の小屋群や自然物で装飾された大天幕が祭りの雰囲気を一層盛り上げ、数多くの露店で美味しい料理や手作りの商品が販売されます。

小さなオレンジ温室栽培園の前にあるWinterwald(冬の森)には、古めかしい回転木馬・エアースイング・小さな鉄道などもあり、まさに子供から大人まで楽しめるクリスマスマーケットです。

⑧Köln

2019年の開催期間➡11月25日~12月23日

「世界最大のクリスマスマーケット」であるケルンのクリスマスマーケットは、世界遺産ケルン大聖堂を中心に広い範囲で露店が立ち並び、町全体がクリスマスマーケットの雰囲気に包まれます。

近国であるベルギー・フランス・オランダからも多くの観光客がやってくるため、国際色豊かに賑わいます。

⑨Nürnberg Christkindlmarkt

2019年の開催期間➡11月28日~12月23日

ドイツ三大クリスマスマーケットの1つ。

Nürnberg Christkindlmarktは1628年に初めて開催されたドイツで第4番目に古いクリスマスマーケットで、「クリスマスに親が子供にプレゼントを渡す」という風習がこのクリスマスマーケットの起源です。

毎年、金色の王冠と金白色のガウンを着た金髪巻き毛の”Christkind”がゴシック式のFrauenkircheのバルコニーで「一度は子供だった男性と女性の皆さん、もう一度若返りましょう。」と宣言をすることで、Christkindlmarktは開会されます。

180もの赤と白のテントで彩られた木製の露店が立ち並ぶNürnberg Christkindlmarktはドイツ国内のみならず、世界中でも有名なクリスマスマーケットの1つです。

⑩München

2019年の開催期間➡11月27日~12月24日

ミュンヘンのクリスマスマーケットはドイツで5番目に古いクリスマスマーケットで、3000以上ものライトで装飾された約5.3トンのもみの木がMarienplatzのマーケットにそびえたち、毎年多くの来場客で賑わいます。

アドベントの最中は、音楽が毎日夕方5:30からタウンホールのバルコニーで生演奏があり、Marienplatz スクエアから近いNeuhauser通りには「ドイツ最大のクリッペマーケット」があります。

ちなみに無料の文化・歴史ツアーはアドベントの期間の最初の日曜日の16:30-18:00に行われており、Marienplatzスクエアのクリスマスツリーが集合場所です♪

⑪Dresden Striezelmarkt

2019年の開催期間➡11月27日~12月24日

ドイツ三大クリスマスマーケットの1つにして2番目に大きなクリスマスマーケットです。

第一回目のDresden Striezelmarkt(シュトリーツェルマーケット)―日本語だとシュトレン祭と呼ばれているようです―は、1434年ドレスデンで開催されたドイツ最古のクリスマスマーケットです。

ドレスデンの見どころは、なんと言っても約14メートルのクリスマスピラミッド、本場のシュトレンです。

*シュトレンは、ドライフルーツ・ナッツなどをバターと共に生地に練り込み発酵させて焼き上げ、粉砂糖がまぶしてあるケーキで、ドレスデン発祥です。

荘厳かつ歴史深いDresden Striezelmarktはクリスマスマーケットの起源であることを深々と感じさせてくれます。

⑫Düsseldorf

2019年の開催期間➡11月22日~12月30日

伝統的なデュッセルドルフのクリスマスマーケットは、ダウンタウン全体を中心に様々な場所で開催されます。装飾されたケーニッヒスアレー周辺はデュッセルドルフのクリスマスマーケットの見どころです。

5週間の間、200以上の露店で埋めつくされたその様は、ドイツで最も美しいクリスマスマーケットの1つと言われています。

また、クリスマスマーケットは7つのテーマに分かれており、Heinrich-Heine-Platz にあるEngelchen広場は、露店に鉄製の天使白いライトが付けられているという特徴を有した有名なマーケットの1つです。

⑬Rothenburg der Tauber Reiterlesmarkt

2019年の開催期間➡11月29日~12月23日

ローテンブルクのクリスマスマーケットは15世紀にはじまりました。
500年前の中世の姿を残した街並みでのクリスマスマーケットは、毎年多くの観光客で賑わっています。

ReiterlesmarktのReiterはドイツ語で「騎手/騎兵」という意味で、市長あいさつの後に、騎手が開会宣言をして、クリスマスマーケットが始まります。

サーターアンダギーのような丸い硬い揚げ菓子Schneeball(雪玉)はローテンブルクの名物です♪

⑭Konstanz

2019年の開催期間➡11月29日~12月22日

Konstanzのクリスマスマーケットは170以上の露店と10万個以上のライトと共に、町の中心地からドイツ最大の湖であるボーデン湖の海岸に向かって広がっています。

南ドイツの伝統料理であるSchupfnudeln(シュプフヌードル)やポテト、リンゴ入り焼きだんご(ダンプリング)などがおススメです。

Konstanzでは、バー付きの船の上からクリスマスマーケットを一望できるというおススメポイントもあります。

⑮Freiburg

2019年の開催期間➡11月22日~12月23日

Schwarzwald(シュヴァルツヴァルト)の近くに位置するフライブルクのクリスマスマーケットでは工芸品や郷土料理が有名です。

露店が立ち並ぶ中には、ワークショップなどで自ら作成できる蜜蝋のキャンドルカラフルな木製のおもちゃなどがあります。

Nonnenseufzerリンゴで満たされたできたてのドーナッツラクレットチーズがかかったジャガイモのソテーもFreiburgのクリスマスマーケットで欠かせない一品のひとつです!

関連記事

今日もありがとうございました!
また明日の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です