【銀行の最大8倍安い!】格安海外送金サービス„TransferWise“

この記事は約 5 分で読めます。

こんにちは、ドンキーです!

今日はオンライン海外送金サービス„TransferWise“についてご紹介させていただきます。

外貨送金でネックになってくるのが「高い手数料」「長い送金期間」ですよね。

しかし„TransferWise“を使えば、その悩みを解消できます。

„TransferWise“のメリットは以下の通りです。

  • アカウント開設費・維持費無料
  • 手数料は最大銀行の最大8分の1の値段
  • 為替手数料0円
  • 送金開始まで最短1日
  • オンラインで手続きが簡単
  • キャンセル可能
  • 取引履歴の閲覧可能!

TransferWiseの手数料の安さは群を抜いており、ゆうちょや三菱、三井住友、などのオーソドックスな銀行よりも、そして最安値と言われている楽天銀行よりも安いんです!

Skypeの創業者が2011年に開始した海外送金サービスで、現在では利用者が400万人を突破し、毎月の送金額の合計は4160億円以上にものぼります。

トランスファーワイズ・ジャパン株式会社は、関東財務局から認可されており、送金したお金も法務局により保証されているという安全性の高い会社です!

  • TransferWiseの送金システム
  • TransferWiseアカウント開設方法
  • TransferWise送金手順
  • まとめ

TransferWiseの送金システム

TransferWiseの送金システムを簡単に説明するために2つのポイントに分けて説明します。

ポイント①

まず、通常の銀行とTransferWiseの送金システムの違いを説明します。

銀行での国際送金ではSWIFTを採用しています。

SWIFTは、簡単に説明すると、送金手続きを取った銀行から受取をする銀行までの間に、いくつもの中継銀行を挟むというものです。

日本からドイツに送金するためにいくつも中継銀行を挟んでいるのがわかるかと思います。(上図参照)

これが「高い手数料」「長い送金期間」の原因となっています。

対して、TransferWiseを使って日本からドイツに送金をする場合は、送金国(日本)のTransferWiseから受け取り国のTransferWise(ドイツ)に一報が行き、受け取り国のTransferWise(ドイツ)から受取人に国内送金されます。
(上図参照)

お金自体が海を渡ることも銀行を経由することもないので、為替手数料がかからずその他の手数料も極限まで抑えることができるということです。

ポイント②

上記の説明だけだと、TransferWiseが一時的にすべての送金額を肩代わりしているように見えますよね。年間 4000億円以上の取引全てを肩代わりするのは当然無理です。

そこで、上記の説明を踏まえた上で、2つ目のポイント「マッチング」について説明します。

色々と複雑なので今回は簡略化して解説いたします。

例えば、ドイツに住むA1さんが日本に住むA2さんに1000€送金したい場合があり、日本に住むB1さんが1000€と同等分の円をB2さんに送金したいという場合があったとします。

TransferWiseは、これをマッチングさせ実質的に「国内送金・為替手数料ゼロ!」という形を取ることが可能です。

※実際に人同士をマッチングさせるわけではないのでご安心ください。

個人情報はもちろん厳密に守られています。

TransferWiseアカウント開設方法&送金手順

まずTransferWiseのHPに飛び、「会員登録」をクリックします。

※僕の紹介コードが入力されているので、気になる方は外してください😌


メールアドレスとパスワードを登録します。

その後送金可能画面になるので、送金手続きを開始します。

※この時点ですぐに送金をしない場合は、ログアウトしても問題ありません。

①送金金額を入力します。

送金金額で10万円としたい場合は、送金金額の欄に「10万円」

受け取る人が1000€で送金したいは、受け取る金額の欄に「1000€」

と打ち込めばその時のレートが自動で表示されます。

②送金目的を選択し、個人情報(氏名・生年月日・電話番号・住所等)を打ち込みます。

次回送金時に入力を省くことができます。

③口座等の受け取り相手の情報を入力します。

④確認画面を確認し、入金方法を選択して支払いを押せば完了です!

その後は、アカウントにログインすれば、このように細かく送金の現状確認ができます♪

まとめ

海外送金関係の質問がよく来ますが、手数料面を考えた時„TransferWise“が一番安いです。

最安値と言われている楽天銀行よりも安く、法人口座を開くなどの手間もありません。

留学時に個人的に使いやすかったのが、Money T Globalというプリペイドカードです。

こちらは、入金反映にかかる時間が約1時間で、緊急時も使えて、留学にはベストだと断言できます!

関連記事

今日もありがとうございました!

また明日の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です