【速報】1854年ぶり??…2020年オクトーバーフェストの中止が発表!

この記事は約 3 分で読めます。


こんにちは、ドンキーです!


4/21(火)午前に行われた記者会見で、バイエルン州首相Markus Söder[所属政党:CSU]氏とミュンヘン市長Dieter Reiter氏により[所属政党:SPD]、今年のオクトーバーフェストの中止が発表されました。

1854年と1873年のコレラ、戦時中、1923年のハイパーインフレぶりのオクトーバーフェストの中止です。



理由はもちろん新型コロナウイルスの現状です。

オクトーバーフェストは、ドイツの国民的なお祭りで、ドイツ国内のみならず世界中から16日間で約200万人が集まりテントなどの密集した場所で行われることからコロナウイルス感染の危険性が極めて高いと判断されました。

オクトーバーフェストは、(もちろん野外もありますが)密集したテントの中でドイツビールを飲んで肩組んで歌ってっていうイベントなので、新型コロナウイルスの感染拡大を減らしたい現状としては一番避けたいイベントですよね。


現状を見れば中止は明らかだったのですが、やっぱり悲しいですね。


実際、主催者再度としては、オクトーバーフェストを中止にするか開催するかの決定は6月中旬まで伸ばす予定だったみたいです。しかし、期間中の警備員約1200人14社の巨大テントの建設などに関する契約関係の締め切りが迫っていたため、ここ数日の新型コロナウイルスの情勢を考慮し中止が決まったようです。



「国民的なお祭りであり、世界中から多数の来場者が訪れるビッグイベントが中止されることは、精神的にも経済的にも厳しい」とDieter Reiter氏はコメントしているのですが、まさにその通りだと思います。

2019年度のオクトーバーフェストの経済効果は約12億3000万ユーロであり、その期間中のホテルなどの宿や周辺のレストラン・交通機関、そしてビール会社など、様々な業種への打撃も計り知れません。

ちなみに州首相Markus Söder氏と市長Dieter Reiter氏は無類のオクトーバーフェストファンで、特に市長はオクトーバーフェストの最初の樽の栓を抜き最初のビールを飲む役割があったため、そういう意味でもものすごく悲しんでいたようです。



ほとんどの大規模イベントは準備の期間もあるため結構前に中止が発表されます。

クリスマスマーケット等はまだ先なのでなんとも言えませんが、ワクチンの研究が進み、新型コロナウイルスの第二波が抑えられれば年度末のイベントは間に合うかもしれませんね。希望ですが。

レムデシビルやアビガンなどコロナウイルスに効果があったと言われている薬も出てきていますし、一刻も早く薬が開発されることを願いながら、家にいましょう!

関連記事

今日もありがとうございました!

また今度の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です