【ドイツ留学】マンハイムのお祭り!Schlossfest der Universität Mannheim

この記事は約 5 分で読めます。

こんにちは、ドンキーです!

今日は昨日行ったマンハイムのお祭りについてお話させていただきます。

  • 【Schlossfest der Universität Mannheim】とは?
  • 【Schlossfest der Universität Mannheim】の雰囲気
  • 【Schlossfest der Universität Mannheim】の花火
  • 【Schlossfest der Universität Mannheim】の注意点

【Schlossfest der Universität Mannheim】とは?

今回の2019年9月7日をもって第16回目を迎えるSchlossfest der Universität Mannheimは、マンハイム大学の学期始まりに開催される芸術・音楽・コメディ・各学問でのプログラム等を含んだ大規模なお祭りです!!

マンハイム大学の学生・従業員・関係者のためのお祭りでありながら、マンハイムに住む住民のためのお祭りでもあるという二面を持ったマンハイムでもっとも有名なお祭りです。

もちろんマンハイムの現地住民・マンハイムの大学生のみならず、観光客などマンハイム在住者以外でも入場できるので、毎年約15000~20000人が訪れるそうです。

午後6時から朝3時まで開催されており、夜10時からは目玉である花火が上がります。

入場料は無料で、パーティー・ガイドツアー・ルーフテラスのアクセスは有料です。

【Schlossfest der Universität Mannheim】の雰囲気

Schlossfest der Universität Mannheimの入り口を入った広場では、中央手前に大きなライブ用のステージが置かれていて、その周りにはドイツビールやワイン、ハンバーガー、ピザ、ドイツソーセージ、マカロンなど様々な出店がありました。

※このマカロン、クオリティめっっっちゃ高かったです🔥

日が落ち始める頃にプロジェクションマッピングでマンハイム城がライトアップされ、中央のステージはロック、マンハイム城内ではカントリーソング・ラウド系のロック・ジャズ・クラシックなど様々な種類の音楽が学内外のバンドによって演奏されます。

最初は学生のバンドにしてはレベル高すぎるなと思っていたのですが、よくよく聞くと準プロやプロの方々も演奏しているようで、音楽フェスのような感じでした。

もちろん入場後に買った飲食物ならどこへでも持っていけるので、ドイツビールやワインなどのドリンクを飲みながらライブを楽しむことができます。

個人的には、派遣されていた消防士の人たちがユニフォームを着たまま他の人たちとライブを見て楽しんでいた姿が印象に残っています。笑

ちなみに範囲は限られていますが、マンハイム城内も入場し観光することが可能です。

【Schlossfest der Universität Mannheim】の花火

そして何と言っても、【Schlossfest der Universität Mannheim】の目玉はこちらの花火です。

22時より入場口向かって右の建物の裏から花火が上がります。

※スマホでの撮影なのであまり綺麗な花火ではないように見えますが、実際はこの写真の40000倍綺麗でした。笑

プロジェクションマッピングでライトアップされたマンハイム城の上に上がる花火。

なんとも幻想的で素敵でした。

恋人と行けば一生に残る思い出間違いなしです!

ちなみに個人的な感想なのですが、距離が近くほぼ真下から見上げる形だったのもあり、ハイデルベルクの花火よりも綺麗だったなと思います。笑

【Schlossfest der Universität Mannheim】の注意点

【Schlossfest der Universität Mannheim】に行く上での注意点は、以下の3つです。

  • 飲み物は入場口のカバンチェックで捨てられる。
  • 稀にパスポート・身分証の確認をされることがある。
  • マンハイムの治安は悪いので、行き帰りには気を付ける。

入場ゲートではドイツ人のいかつめのセキュリティが、がっつり荷物検査をしています。

そして、マンハイムの駅周辺は危ない人が多いので絡まれないよう注意が必要です。

特に治安が比較的良いハイデルベルクから観光に行く場合には、その治安の悪さを考慮に入れた上で行動するべきです。

※マンハイムで働く友人からのアドバイスです。

【Schlossfest der Universität Mannheim】終わりの夜遅い時間に一人で危なさそうな路地裏などを通るなどの行動は控えましょう。

関連記事

今日もありがとうございました!

また明日の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です