【6月】「Juni」ドイツ語での省略形はない

この記事は約 6 分で読めます。

こんにちは、ドンキーです!
今回は、「6月」のドイツ語の省略形について解説します。

  • 「6月 /Juni」ドイツ語の省略形
  • 「月」省略のポイント
  • 「6月 /Juni」の由来と歴史
  • 「6月 /Juni」の豆知識(イベント、祝日、服装)
  • 「6月 /Juni」まとめ

以上の流れで説明していきます。

<参考記事>
◆timeanddate.de “Der Monat Juni
◆timeanddate.de “Feiertage 2019,Deutschland
◆ThoughtCo. ” A Calendar of German Holidays and Customs – German-English

「6月 /Juni」ドイツ語の省略形

「6月 /Juni」をドイツ語で省略した形は

  • 「Juni」:「Juni」

「6月 /Juni」の省略形はありません。

他の月を略すときには、基本的に3文字になります。省略のポイントを押さえておけば、軽くメモや何かしらを書くときにパパっと、ササっと書いておけます。

「月」省略のポイント

ドイツ語省略時のいくつかのポイントを見ていきましょう。

3文字の省略

基本的にどの「月」もドイツ語で省略する時は、正式名称の先頭3文字をとって省略する形になっています。

正式名称を覚えれば、先頭3文字だけとれば省略系にできるかんじなので簡単です。

カレンダー・手帳・メモ書き・壁の落書き等でよく見かけます。

先頭は大文字にする

「月」は固有名詞です。なので、

先頭の1文字目は大文字でなければいけません。

意識していないと小文字で書いてしまうので注意しましょう。

略後の語尾にはピリオドが必要

省略をする場合は語尾にピリオドを打つ必要があります。

これは「本来はまだ続きがあるけど、略してるよ」と言う意味で打つピリオドなので、文章の終わりを示すピリオドとは少し違います。

省略しても口頭では正式名称でしか読めない。

会話やプレゼンなど口頭で発する場合は、
省略形では読めません。正式名称で読みます。

「6月 /Juni」の由来と歴史

「6月 /Juni」の名前の由来

Juni(ラテン語でIunius)はローマ神話の結婚の神にしてJupiterの配偶神であるユノ(Juno)に由来しています。

Junoは女性の最高神で、ギリシア神話ではヘラ(Hera)にあたります。

Juniの古い名前であるBrachetとBrachmondは中世の三圃式農業に関係しています。

三圃式農業は、農地を冬穀・夏穀・休耕地の三つのローテーションを組んで耕作する農業方式です。 

「6月 /Juni」の名前の歴史

昔のローマ暦のカレンダーでは、Märzが一年の初めの月/1月だっので、Juniは当初4番目の月、つまり4月として使用されていました。

紀元前700年の初めに、1日短くなり、29日間になりました。

それから、ユリウス暦のカレンダーの導入と共に、現在の一年の6月の位置に変更され、日数も現在と同じ期間に伸びました。


「6月 /Juni」の豆知識

「6月 /Juni」の豆知識と題しまして、以下のことをご紹介いたします。

「6月 /Juni」のドイツのイベント

6月のドイツのイベント一覧です。

  • 洗礼者聖ヨハネスの祝日/夏至祭(Johannistag)
  • 7人の眠り聖人の祭日(Siebenschläfer)
7人の眠り聖人の祭日(Siebenschläfer)は6/27日のイベントで、この日に雨が降ると7週間降り続くという伝説があります。 

「6月 /Juni」のドイツの祝日

6月のドイツの祝日一覧です。(2019年/例)

  • 6月1日:世界こどもの日(Internationaler Kindertag)
  • 6月6日:ヨーロッパ自転車の日(Europäischer Tag des Fahrrads)
  • 6月6日:視覚障害者の日(Tag der Sehbehinderten)
  • 6月9日:聖霊降臨祭(Pfingsten)
  • 6月10日:聖霊降臨祭の月曜日(Pfingstmontag)
  • 6月14日:音楽の日(Tag der Musik (erster Tag))
  • 6月20日:聖体の祝日(Fronleichnam)
  • 6月21日:夏至(Sommersonnenwende)
  • 6月29日:建築の日(Tag der Architektur)

「6月 /Juni」のドイツの服装

6月からは、夏よりの格好になってきます。徐々に露出も増えつつ、中ごろから後半になれば、半袖・半ズボンの人たちがどんどん増えてきます。夏場の格好が基本になりますが、朝晩などはまだまだ寒い部分もあるので上にはおれるパーカーなどを持っているとよいでしょう。

「6月 /Juni」まとめ

それでは、ドイツ語の「6月 」を意味する「Juni」について、まとめます。

  • 「Juni」:「Juni」。省略形はない。
  • 先頭は大文字/ ピリオドをつける/発音は正式名称。
  • 6月のイベントは、 洗礼者聖ヨハネスの祝日/夏至祭(Johannistag)と7人の眠り聖人の祭日(Siebenschläfer)。
  • Juni(ラテン語でIunius)はローマ神話の結婚の神にしてJupiterの配偶神であるユノ(Juno)に由来。
  • Junoは女性の最高神で、ギリシア神話ではヘラ(Hera)にあたる。

関連記事

今日もありがとうございました!
また明日の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です